詰め将棋

大詰め。

 

年の瀬の今はいつも。

 

コレクションをパリメンズの時に発表するようになってからだから3年目。

 

年末年始、佳境。

 

いつもこの時期に思う。

 

MIHARAYASUHIROで働いていたときに三原さんが教えてくれた。

 

贅沢な時間って。

 

大詰めになってきたときに、どれだけそれまでに贅沢な時間を過ごせたか。

 

贅沢な時間=試作、アイデアを練る、可能性を実現に変えるってことなのですが。

 

教えは染み渡ってるなって思います。お師匠さん、ありがとうございます。

 

https://www.houyhnhnm.jp/feature/185448/

 

ここからは自分の言葉なのですが、贅沢な時間のあとは詰め将棋。

 

まるでスティールボールランリンゴォ・ロードアゲインだったかウェカピポだったかとの戦いのように。

 

ここから先は一手間違えた方が負け的な。

 

縫製依頼の優先順位、加工出しの先回り、一手でも間違うとサンプルが間に合わなくなってしまう。

 

限界まで考える。

 

だからこそ納得のいくものが出来ると信じてる。

 

それを精一杯の力で助けてくれるチーム、工場の仲間たちがいるから出来る。

 

19年秋冬もきっと良いのもが出来る。

 

それを見て着て喜んでくれる人がいるってことを考えて。

 

明日も頑張ろう。

 

って自分に言い聞かせる。

 

フイナムの忘年会にいける気がしない涙

 

f:id:hynm_ino:20181205012724j:image

 

 

どっちかの夜は昼間

今はロサンゼルスにいます。

 

深夜便だったので飛行機でロサンゼルスの空港に着いたのがこっち側の夕方。

 

そこから移動してホテルにPM8時くらい着。

 

荷物を置いて、晩メシとビール飲んでスカッと寝ようと思ってお店探し。

 

最高なことにホテルにそばにタコスレストラン。

 

タコスとビール。最高。

 

って思いながら、店で注文するとまさかのビールがない。というかソフトドリンクオンリー。

 

まさかの展開に1タコスを食べて店を変えようと決心。

 

 

 

しかし、美味すぎて思わず2タコス。

 

 

 

気をとりなおして隣のタイレストランへ。

 

さあ、いざビールへ。

 

しかし、まさかのビールなし。

 

なんなんだ、この街は?

 

この前観た映画「アンダーザシルバーレイク」を彷彿させる不可解なLA。

 

http://komuta.blog.houyhnhnm.jp/entry/2018/08/28/220754

 

 

そしたら向かいのスーパーで買ってきて持ち込みで飲んでいいとのこと。

 

仕組みがわからない。

 

もちろん、すぐにスーパーにダッシュ

 

パッタイにビール。

 

完璧。

 

しかし2タコスが効いて、半分食べて持ち帰り。

 

 

 

夜中4時に何故か空腹で目が覚めて。

 

我慢して寝ようとしたら思い出した、あのお持ち帰りパッタイ

 

冷えたパッタイ、絶品。

 

冷えた方が美味いんじゃないかな。

 

 

 

思わず、ビール。

 

合う。

 

スーパーで6缶セット買ってたから思わず。

 

 

 

ほろ酔いで気持ちよく寝ようと思うと全く寝付けず朝に。

 

完全に時差ボケ。

 

 

 

明日はぐっすり眠れますように。

 

くだらない話ですいません。

 

f:id:hynm_ino:20181101153845j:image

 

 

 

 

 

シャンドラの灯をともせ

昨日の夜の話。

 

自分はdoublet (ダブレット) というブランドのデザインをやってるのですが、早いもので今は2019年秋冬のデザインの真っ最中。

 

本格的にデザインを始めて1週間くらいかな。

 

やりたいこと、伝えたいこと、そして自分が着たいもの。

 

試行錯誤しています。

  

昨日は特にアイデアが出ず、頭から煙が出るってこういうことかな、って思うくらい。

 

ちょうどパリコレやってたから、インスタグラムとかでもそういう情報が入ってきちゃって、自分の中にあることと、自分の中にないこと、それがごちゃごちゃになって。

  

夜、煙が出たまま、うちの奥さんとショートしている頭で話していたら、一言。

 

「こまごま悩んでないで次のコレクションで引退するくらいの気持ちで、思い切りやればいいんじゃないの?」

 

これは響いた。

 

どれくらい響いたかというと、シャンドラの鐘の音がモンブランの子孫に届いたくらい響いた。

 

それをうちの奥さんに伝えようとしたんだけど、モンブランの名前が出なくて四苦八苦。笑

 

それと同時に好きな作家の伊坂幸太郎さんの小説「死神のフール」のボクサーの人の言葉も思い出した。

 

 

 

「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか」ってやつ。

 

 

 

目が覚めたなー。

 

いつもアドバイス、ありがとう。

 

 

 

おかげさまで今日は朝から頭がすっきり。

 

朝さっそく、「死神のフール」の名言をリサーチ。

 

これも好きだったなー。

 

 

 

「練習の手を抜きたくなる時とか、試合で逃げたくなる時に、自分に訊くんです。

  『おい俺、俺は、こんな俺を許すのか?』って」

 

 

 

オススメです。伊坂幸太郎著「死神のフール」

 

f:id:hynm_ino:20181002220440j:plain

 

 

 

 

 

 

いつかフイナム

 コムさん (フイナム編集者小牟田さん) との出会いは何年前だろう。

 

箸にも棒にも引っかからず、もがいていた頃だから34年前かな。

 

WISMの堀家さんに、みんなを巻き込んで渦にしていこう、って八幡山の居酒屋通称アジャセイで紹介してもらったのをよく覚えてる。

 

堀家さん、その節はありがとうございました。

 

そういやシマロンもいたはず。

 

ここ一番のときには、いつも隣にそっといてくれるなー、シマロン。

 

 

 

それから毎シーズン、展示会に必ず来てくれて。

 

応援してくれてる気持ちをひしひし感じました。

 

もちろん今も。

 

 

 

 あるシーズンでコムさんがフイナムで記事にしてくれた文章が、そのあとのシーズンの自分の道標になったことをよく覚えてる。

www.houyhnhnm.jp

  

冒頭の「ストリートカルチャーを存分に感じさせるポップなしつらえに、オリジナリティーの高い技法を服に落とし込み、オルタナティブな存在感を放つダブレット」って部分。

 

 

 

今でもデスクの目の前に貼ってあります。

f:id:hynm_ino:20180921155014j:plain

 

 

もし、コムさんがまたいつか、その時のdoubletを記事に、文章にしてくれることがあるならば、また違う最高な言葉で表現してくれると思う。

 

けど、いつまでも、あの時のこの文章がずっと貼ってあるんだろうな。

 

大好きです。コムさんの紡ぐ言葉。

 

 

 

そんなコムさんにフイナムでブログやってみたいです、なんて生意気な発言をして早2年くらい。

 

寛大なコムさん、すぐにOKしてくれたのに全然スタートを切らない自分。

 

 

 

いつかフイナムで、いつかフイナムで。

 

コムさんのブログタイトルのような言葉を言い続けて。

 

 

 

今日からついに。

 

 ついにフイナム。

  

すでに鎌倉。

 

 

 

小牟田さん、

 

ここに連れて来てくれてありがとうございます。